• HOME > 
  • 歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る~歯周病~

成人の多くが歯周病予備軍と言われています

歯周病は自覚症状の少なさから放置されがちですが、症状が悪化すれば歯を失ってしまうこともある病気です。早期発見・早期治療はもちろん、悪化してしまった場合は骨の再生治療などで健康な口腔内環境を取り戻す必要があります。ここでは、港区・天王洲アイル駅の歯医者「小川歯科」が歯周病の危険性や進行段階、実際の症例などをご紹介します。

成人の多くが悩む病気~歯周病~

成人の多くが悩む病気~歯周病~

実は日本の成人のうち約80%が歯周病に感染、もしくは予備軍であるというデータがあります。さらに恐ろしいのは、歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位になっているということ。歯周病は軽視されがちな病気ですが、早期発見・早期治療を怠ると最悪の場合は歯を失ってしまう可能性もあるのです。

歯周病の進行と治療法

進行状況 状況

歯肉炎

歯肉炎

歯ぐきの炎症が起こっている状態
自覚症状 ブラッシングの際に歯ぐきから出血が起こる場合がある
歯周ポケットの深さ 3mm程度

軽度歯周炎

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめている状態
自覚症状
  • 歯ぐきの腫れや出血
  • 冷たい水がしみる
  • 口臭が強くなる
歯周ポケットの深さ 4mm程度

中等度歯周炎

中等度歯周炎

顎の骨が半分程度まで溶けてしまった状態
自覚症状
  • 指で歯を押すとグラつく
  • 歯ぐきの腫れや出血
  • さらに口臭が強くなる
  • 歯が浮いた感じがする
歯周ポケットの深さ 6mm程度

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けてしまった状態
自覚症状
  • 歯のグラつきがひどくなる
  • 歯ぐきが下がり、歯根が露出することで歯が長くなったように見える
  • 歯周ポケットから膿が出て口臭がひどくなる
  • 最悪の場合、歯が抜け落ちる
歯周ポケットの深さ 8mm程度

歯周病で溶けてしまった顎の骨に対する再生治療

歯周病は顎の骨を溶かしてしまう恐ろしい病気です。しかし、患者様自身の骨を移植したり、「GTR法」という組織再生治療をしたりすることで、歯のまわりの組織を再生することも可能です。

歯周病に冒された前歯の治療例

歯周病に冒された前歯の治療例

歯周病は歯ぐきの病気です。そのため虫歯と違い、指し歯やインプラントなどの周辺であっても発症する可能性があります。今回の症例は、人工歯の前歯が歯周病によってグラグラしてしまっている状態です。

治療内容
step1

step1

まずは人工歯をはずし、そこへ歯周組織再生誘導材料である「エムドゲイン」を塗布し、再生治療を行います。

step2

step2

骨再生が完了したら次に仮歯を入れます。この時、土台の間隔が一定でなければ歯根の位置を整えるための矯正治療を行います。

step3

step3

矯正治療が完了したら、非常に細い糸で行われる縫合を行う歯肉形成を行います。

step4

step4

最後に審美性・品質に優れた人工歯を装着し治療完了です。

当院の審美歯科・矯正歯科はこちらから

骨を移植することで再生を促す治療

骨を移植することで再生を促す治療

歯根を支えるための顎の骨が溶けてしまっている状態です。約2.9mmのところまで歯根から下がってしまっています。

治療内容
step1

step1

溶けてしまった箇所に骨を移植します。

step2

step2

骨が歯根から5.9mmのところまで回復した状態です。期間は約1年でした。

不適切なブリッジで顎の骨が溶けてしまってケース

不適切なブリッジで顎の骨が溶けてしまってケース

ブリッジが合わなかったせいで顎の骨が溶けてしまっている状態です。本来支えになるべき隣の歯も溶け、放置すれば健康な歯まで失ってしまう可能性がありました。

治療内容
step1

step1

まずは合っていなかったブリッジと歯根を除去し、そこへ骨の移植を行います。

step2

step2

骨の移植により、顎の骨を4.7mmまで再生することができました。

歯周病は進行する前に当院で治療を 医院情報・アクセスはこちらから