• HOME > 
  • 歯が痛い・しみる~虫歯・根管治療~

少しでも違和感を覚えたら、虫歯は進行しているかもしれません

少しでも違和感を覚えたら、虫歯は進行しているかもしれません

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」といった症状は、虫歯が進行しているサインかもしれません。虫歯はそのまま放置していても治ることはなく、むしろ悪化すれば抜歯などを招く事態に発展することも十分にありえます。少しでもお口に違和感を覚えたら、港区・天王洲アイル駅近くの「小川歯科」の一般歯科までお早めにご相談ください。

虫歯について

虫歯について

口腔内に残った食べカスなどを栄養源として繁殖した虫歯菌は、そこに含まれる糖分を摂取して酸を生み出して歯を溶かします。虫歯はごく初期段階を除き自然に治ることはありませんので、早期発見・早期治療が大切です。放置を続けると痛みだけでなく、最悪の場合は歯を失ってしまうケースもありえます。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状

CO
~虫歯の前兆~

CO ~虫歯の前兆~

虫歯になりかけの状態
自覚症状
  • 自覚症状はほとんどない
  • 歯の表面が白く濁ることがある
治療法 この段階であれば、毎日のブラッシングとフッ素塗布で治る可能性があります。

C1
~エナメル質の虫歯~

C1 ~エナメル質の虫歯~

歯の表面のエナメル質の溝に初期虫歯ができている状態
自覚症状
  • 痛みなどの自覚症状はほとんどない
  • 患部が茶褐色に変色することがある
治療法 歯の表面のエナメル質を削り、歯科用プラスチックなどの合成樹脂を詰めて保護します。この段階で治療しておけば、痛みもほとんどありません。

C2
~象牙質の虫歯~

C2 ~象牙質の虫歯~

歯の内部の象牙質が虫歯菌に冒されている状態
自覚症状
  • 冷たいものがしみたり、痛みを感じたりする
  • 患部が黒くなる
治療法 虫歯に冒された部分を削り、金属の詰めものなどを使って治療します。場合によっては麻酔が必要な処置が伴うケースもあります。

C3
~神経に達した虫歯~

C3 ~神経に達した虫歯~

虫歯菌が神経にまで達してしまった状態
自覚症状 何もしなくても激しい痛みを感じる
治療法 神経を取る根管治療を行い、金属の被せもので保護します。治療にはある程度時間が必要です。

C4
~歯根に達した虫歯~

C4 ~歯根に達した虫歯~

虫歯が歯根の中まで広がってしまった状態
自覚症状 歯根の先が化膿し、膿の袋ができて激しい痛みを感じる場合がある
治療法

根管治療を行いますが、症状が進行しすぎている場合には抜歯が必要です。その場合はブリッジ・入れ歯・インプラントといった補綴(ほてつ)治療により機能を回復します。

>>当院のインプラント治療はこちらから

詰めものについて

詰めものについて

まれに虫歯治療を行った際の詰めものが自然に取れてしまうことがあります。これは「再度虫歯になってしまった」「歯のまわりが割れている」などさまざまな原因が考えられます。早期治療を行えば問題ありませんので、お早めにご相談ください。

治療内容
step1

step1

詰めものが取れる原因となった虫歯を除去します。

step2

step2

新しい詰めものを入れて治療完了です。

根管治療について

虫歯菌が歯の神経にまで達すると、神経が汚染されて化膿します。そのまま放置すれば歯を失うばかりか、まわりの健康な歯にまで悪影響が及ぶ可能性があります。こうした事態を回避するためには、歯の根の部分に対して治療を行い、機能回復を目指す根管治療が必要です。

根管治療の流れ
step1

step1

神経まで虫歯が達してしまった場合は、歯を削り神経を取り除きます。

step2

step2

神経が入っていた根管と呼ばれる部分を洗浄・消毒した後、根管内に薬剤を充填します。

step3

step3

歯根を金属で補強し、被せものの型採りを行います。

step4

step4

天然歯の形状を再現した金属の被せものを装着して治療完了です。

歯が痛い、しみるといった症状が出たら早めに当院の一般歯科まで 医院情報・アクセスはこちらから