• HOME > 
  • 失った歯を補う・自分の歯のように噛める~インプラント~

天然歯のような見た目と咬み心地をインプラントで

天然歯のような見た目と咬み心地をインプラントで

入れ歯やブリッジは歯を失った際の補綴(ほてつ)治療として広く普及していますが、機能・審美の面でデメリットも存在します。それに対してインプラント治療は、美しい見た目や自然な咬み心地、さらには周囲の歯にダメージを与えないなど、さまざまなメリットがあります。そのため、近年では認知度も高まっているのです。港区・天王洲アイル駅近くの歯医者「小川歯科」では数多くの症例があり、安全で確実なインプラント治療を実現します。

インプラントなら当院にお任せください

インプラントなら当院にお任せください

当院は平成12年にハーバード大学にて行ったインプラント治療のケースプレゼンテーションで最優秀賞を獲得しました。現在では、年間100名以上の患者様に対して治療を行っている実績があり、十分なトレーニングや学会出席などインプラント治療に関しては絶対の自信を持っています。

インプラントの治療例

当院のインプラント治療は、さまざまな症例に適用しています。こちらでは当院で行った治療例の一部をご紹介します。

1本のインプラント

1本のインプラント

歯を1本失ってしまった場合、従来なら欠損部の両側の歯を削り、それを支えにして人工歯を被せる「ブリッジ」という治療が一般的でした。しかし、ブリッジは支えとなる両側の健康な歯を傷つけてしまいます。そこで当院では、周囲の歯に影響の少ないインプラントをおすすめしています。インプラントは隣り合った歯を削る必要がないので、将来的な歯全体の寿命を延ばす効果もあります。

治療内容
step1

step1

インプラント体と呼ばれる人工歯根を顎の骨に埋めます。

step2

step2

周囲の歯にダメージを与えずに、天然歯のような見た目と咬み心地を取り戻すことができました。

前歯のインプラント

前歯のインプラント

インプラントは高い審美性が求められる前歯にも適用しています。こちらの治療例では、上前歯の3本にインプラントを使用しています。

治療内容
step1

step1

上前歯3本を抜歯後、インプラント(人工歯根)を埋入します。

step2

step2

インプラント(人工歯根)の上に見た目や品質に優れたセラミックの人工歯を取り付けて治療は完了です。

やせた骨を太くする治療

やせた骨を太くする治療

重度の歯周病に感染すると、歯を支える歯肉や顎の骨が溶け、歯が自然に抜け落ちてしまうことがあります。この場合、インプラントを埋入するための骨が足りず、治療できないケースがあります。当院では、そのような症例でも減少した骨を増やす「骨再生」を行うことで、インプラント治療を可能にしています。

治療内容
step1

step1

まずは骨再生手術で、インプラント(人工歯根)を埋入するための骨を再生します。

step2

step2

十分な骨量を確保できたらインプラント(人工歯根)を埋入します。この際、併せて口腔内の色調整も行います。

step3

step3

骨が痩せてしまった状態でもインプラント治療を行うことができました。ただし、本来ならば歯周病がここまで進行する前に治療を行うことが大切です。

すべての歯をインプラントに置き換える

すべての歯をインプラントに置き換える

すべての歯を抜歯しなくてはいけない状態でもインプラントは適用します。歯の機能を回復させるために入れ歯という選択肢もありますが、より美しさと快適さを求めるのであればインプラントがおすすめです。

治療内容
まずは治療箇所となる部分の抜歯を行い、その後インプラントを埋入します。最終的に美しく咬み心地も良いセラミックの人工歯を装着することで機能を回復します。 治療内容
レントゲン 前から見た様子
レントゲン 前から見た様子
上顎内部の様子 下顎内部の様子
上顎内部の様子 下顎内部の様子
抜歯後即時埋入インプラント

抜歯後即時埋入インプラント

通常のインプラント手術は、抜歯後に歯肉が治癒してから顎にドリルで穴をあけてインプラントを埋入します。しかし、事故など予期せぬトラブルに見舞われて歯を失ったり、欠けたりした際には、必要に応じて即インプラントを埋入する手術を行うことも可能です。

治療内容
step1

step1

唇側の骨を傷つけないよう注意しながら、ペリオトームという専用器具を使って抜歯を行います。

step2

step2

唇側層板骨量(唇側の薄い骨)を確認するため、慎重に歯周組織を診断・剥離します。インプラント(人工歯根)の最適な大きさ・形状を再度確認し、挿入位置を確認しながら埋入していきます。

step3

step3

型採りの後、仮歯を使って歯肉の形を周囲歯肉とマッチさせるための処置を行います。周囲歯肉との形状や関係は仮歯によって診断が可能です。その歯肉の形に合う土台をポーセレン(セラミック)で作ります。

step4

step4

インプラント(人工歯根)と顎の骨の結合を確認し、人工歯を取り付けて治療は完了です。一見だけではインプラントであることがわからず、この症例の場合は術後3年が経過したしても変わらない状態を維持できています。

当日に新しい歯を入れることも可能です

当日に新しい歯を入れることも可能です

「インプラント治療は時間がかかる」というイメージがある方も多いかと思いますが、最近では「ワンデー治療」と呼ばれる、オペ当日に仮歯を入れる治療法もあります。ワイデー治療でインプラントを埋入すれば、手術当日から食べものを咬むことができます。

治療内容
step1

step1

歯ぐきの切開を行わずにインプラント植立を行います。切開しないので、痛みは最小限に抑えられることもワイデー治療のメリットです。

step2

step2

当日のうちに仮歯の製作を行います。事前準備ができていればオペ完了から約2時間で仮歯を入れることができます。

step3

step3

周囲の歯と色をマッチさせために、シェードテイキングと呼ばれる色合わせを行います。

step4

step4

当日のうちにインプラントの植立と仮歯の装着が実現しました。色合わせのおかげで周囲の歯とも調和しています。

さまざまな症状・お悩みをインプラント治療で解決 医院情報・アクセスはこちらから